社長ブログ

27年の時を超えて

2020年6月4日

弊社サイトをご覧の皆様、

コロナウイルスによる長かった自粛モードが解除されておりますが

如何お過ごしでしょうか? 気持ちは早るものの、くれぐれもマスク着用、手洗い励行にてご自愛

ください。

さて、本当に久しぶりの投稿になりますが、今日は「新しいタイル」の可能性についてご紹介させて

頂きます。

つい先日、映画監督大林宣彦さんの訃報にショックを受けた私ですが、名作「転校生」の舞台になった尾道市の

S様からのご依頼です。

「お住まいをリフォーム中のアクシデントで棄損したタイルを再現してほしい」とのご依頼。サイズ、柄とも

現行のサイズにはなく、弊社サイトのクローンタイル(再現タイル)へのお問合せでした。

某メーカーの27年前の廃盤輸入品でクッチーナというその名の通り、キッチンに集う人に気持ちを華やかにする

温かみ、味のあるタイルです。

ちなみにカタログの写真はこんな感じ!

花柄

さて、S様から頂いた原盤を工房に送り、届いたクローンはというと、

原盤とクローン

原盤と見分けがつかないほど気持ちのいい出来栄えでした!

輸入品にはどうしてもつきものの「廃盤」という迷路に、

一つの答えをご用意出来たのではと感じる仕事でした、

S様、ご依頼、本当にありがとうございました!

ページトップへ