Mikuni Tile Message 社員インタビュー②

(社員インタビュー①はこちら)

--材料とセットで職人を手配するという取り組みは、同業他社もしていることなんでしょうか?
しているところもあると思います。

でも、うちの会社のいいところは、社員の裁量範囲がとても広いんですね。
たいていのことは、自由にやらせてもらえるし、自分で決められる。

社内で承認を取ったり、上司に相談・報告しないと動けないという会社だと、やっぱり時間がかかるじゃないですか。

うちは、「職人を手配してほしい」と言われれば、営業担当者自身が判断して、ほかの営業担当者と連絡を取り合い、手配します。
職人さんが困っていれば、それも社内で連絡を取り合い、他の職人さんや工事店を紹介したりして、対応できます。

もちろん、材料の販売価格や配送の手配も、全てです。

だから、他社よりも早く対応できる。

「三国なら早く、柔軟に対応してくれるから、お願いしよう」と言っていただけるお客様がたくさんいます。

--嬉しい声ですね。
はい。
「ありがとう!助かったわ」とか、「また頼むな!」と言っていただけることも、多いです。
営業としては、本当にとてもうれしい声です。

営業や職人のことばかりでしたが、手前みそな話、うちの営業事務のメンバーも、本当にすごいと思います。スピーディで柔軟な対応に、営業担当者みんな、日々助けられています。営業事務の対応が遅かったら、三国タイルの「早くて柔軟な対応」は無いですから・・・
お客様の中には、うちの営業事務のファンの方も、多数いらっしゃいますよ。

あと、「三国タイルはみんな若いよね」とも、よく言われます。
工事店の方や職人さんからすると、三国タイルの従業員のほうが年下のことが多いので、遠慮したり意識したりせずに、やり取りしやすいようです。

--職人の年齢も若いですね。
うちの職人は40代が多く、タイル張り技能士(国家資格)1級保持者も7人います。
技術力の高さや将来性も、三国タイルの売りのひとつですね。

--タイル業界は職人不足が予想される中、心強いですね。
はい。
うちには腕のいい職人さん、若い人がたくさんいますのでとても心強いです。今後、新築現場やタイルの需要は減少するかもしれませんが、一致団結して、乗り切るんだと、強く思っています。

--最後にひとこと。
どんな時でも「早く」「安定的に」お客様にサービスを提供するために、これからも横のつながりを大切にして、ご要望にしっかり対応できる三国タイルでありたいと思っています。ありがとうございました。

(社員インタビュー①へ戻る)

ページトップへ